前へ
次へ

いじめの教育問題、いじめを無くすための対策

教育機関の教育問題の中には、いじめの問題も挙げられます。
どの時代でも、いじめと言うのは存在するものであり、いじめを無くす事は出来ないと考えている人もいるかもしれません。
教育機関の教育問題では無く、道徳的なしつけは家庭のしつけだと思われている人もいるでしょう。
欧米の中には、いじめが全く存在しない学校もあり、日本の中でも、その様な学校は存在します。
いじめが起きる原因の要因は、主に2つ存在し、一つは、客観的な視点から見る存在が無くなる状況が挙げられます。
いじめの多くは、大人の先生がいない状況で起きているものであり、客観的な視点の存在がいれば、いじめは大いに減らせるかもしれません。
教育問題として取り上げられていない欧米の中には、年齢で教室を分けるのではなく、年齢問わずに一緒の教室で授業を受けさせている学校があります。
年上の人の目があるため、それが客観的な視点として働き、いじめに歯止めが生じているのです。
いじめが起きる中には、休憩時間など子供が行う内容が無く、刺激を求めて、いじめの行動に走る場合もあるでしょう。
休憩時間の際は、自分の趣味など含め様々な好きな事をさせれば、教育問題のいじめに歯止めがかかる可能性が考えられます。

Page Top