前へ
次へ

心を育てられないという教育問題

学校という場所で集団生活を行うことが子どもの心を育てるということに繋がります。
どういうことをしたら相手が傷つくのか、どんな言葉を言ったら嫌な気持ちになるのだろうか、という心の教育も行わなければいけません。
しかし実際の教育現場ではいじめが横行をしています。
いじめがない学校はない、と言っても過言ではありません。
いじめの加害者は基本的に心の弱い子どもです。
いじめの被害者のケアも必要ですが、加害者のケアも必要になってくるのかもしれません。
加害者になる子は自分が弱いから虚勢を張るということがあります。
いじめ問題は永久に解決策が見えない教育問題なのかもしれません。
子どもの心が豊かになればいじめに加担をする子もいなくなるでしょう。
自分が同じことをされたらどう思うのか、ということを考えられる子にするためにはどうするべきか、ということも教育問題の大きな課題になっています。
あまり深く考えずに面白がってしまうという子どももいるので学校で指導をする必要もあります。

Page Top