前へ
次へ

大学入試にみる教育問題

今までは大学センター入試というものがありました。
導入をしている大学と導入をしていない大学がありますが、基本となる試験なので、大学が独自に作った問題よりもシンプルです。
過去問を解くなどして対策も取りやすい試験でした。
しかしその大学センター入試が廃止されるということになりました。
基準となる試験が廃止される背後にも教育問題があります。
国公立大学を受験する場合にはセンター入試を受けて、その点数によって本試験を受けるのかどうかを決めることができる、ということもあります。
基準となる試験が廃止されるということは大学独自の問題を作成しなければいけないということになります。
学校によって学力にも差があるので、合格率にも違いが生じるでしょう。
廃止されることが新たな教育問題を生み出すということもあります。
どういう対策を取るべきなのか分からなくなってしまい、混乱も生じる可能性があります。
どういう入試になるのか読めないという怖さもあります。

Page Top