前へ
次へ

教師が抱える教育問題

昔は憧れの職業の1つだった教師ですが、最近では希望をする人が少なくなってきています。
親と学校の板挟みになってしまうことが多く、ノイローゼになってしまう人が多いと言われています。
クレームばかりつけてくる親も多いので、その親の対処に追われるということもあるようです。
クレームをつける親の対処も教育問題として考えられています。
しかも理不尽なことばかり言ってくるので、教師も疲れてしまうということがあります。
日頃の授業の準備だけではなく、親の対応もしなければいけないということがあるので大変ですし、心身ともに疲弊をしてしまうということもあります。
教育問題が解決をしなければ、教師にも魅力を感じることができなくなってしまいます。
休みもしっかりと確保をすることができないということもあるようなので、体力も求められます。
今の学校は様々な問題を抱えていますし、その1つ1つを解決させることが難しいというのが現状です。

Page Top