前へ
次へ

怒って指導する教育問題

教育問題の1つに、子供を叱ってしまう行為があります。
子供を叱れば、確かにおとなしくなるでしょう。
しかし叱るのが最善であるとは限りませんから、注意が必要です。
そもそも叱ってしまいますと、子供としては動きが取れなくなってしまう事があります。
叱られるのを恐れるあまり、子供が消極的になってしまう事もありますから、注意が必要です。
しかし実際には、子供に怒鳴って指導してしまうという教育問題があります。
かえって子供の成長を妨げてしまうケースもあるので、あまり怒るのは好ましくありません。
そもそも誰かに怒れば、子供のモチベーションが高まるとは限らないでしょう。
社員教育をイメージすると、分かりやすいです。
上司が部下を指導する時には、必ずしも怒っていません。
むしろソフトな口調で指導する方が、効果が出るケースもあります。
そのような指導スタイルが広まれば、上記のような教育問題が解決する可能性もあります。
あまり子供に怒らずに指導するよう心がけるのは、大切だと考えます。

Page Top